a construction site

村田建築設計の仕事と現場

2018-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく竣工です

鎌倉の2世帯住宅の増築工事がようやく竣工致しました。



伊藤邸竣工チェック時画像 002

増築棟へのアプロ-チです。
ベニヤ板敷きは先週雨が多く、土がぬかるみ新築の建物を汚さない
ための物で、仕上げではありません。正面米杉板が張られた部分が
増築棟です。左が母屋です。


伊藤邸竣工チェック時画像 006
 
玄関ドアは米松板、枠材は今回は軒が深いこともあり檜葉材です。


伊藤邸竣工チェック時画像 007
 
ドア隣のガラスから室内をのぞいた所です。
虚と実が入り混じったような写真ですが・・。


伊藤邸竣工チェック時画像 045

玄関ホ-ルより階段室、ギャラリ-を見ています。
階段力桁は鉄骨、段板はタモの修正です。鉄骨制作者は図面を見て
「これは揺れますよ」と言ったそうだが、こちらは君より経験豊富。
出来上がりは全く問題無く頑丈そのものでした。
溶接等の接合部の制作状況はとてもきれいな仕上がりで腕は良さそうです。


伊藤邸竣工チェック時画像 031

ギャラリ-に入ったところです。
階段下や飾り棚にI家のどんなお宝が並ぶのでしょうか、楽しみです。


伊藤邸竣工チェック時画像 024
 
階段越しに母屋とつなぐ中庭を見ています。


伊藤邸竣工チェック時画像 008

中庭の全景です。左が増築棟、右が母屋です。
デッキ材は栂の防腐加工材です。


伊藤邸竣工チェック時画像 043

母屋の居間から子世帯の階段室を見ています。ギャラリ-の先に坪庭を設け
てあり、そこに当初敷地を見に来たとき花を咲かせていた梅の木を残し、母屋
からも眺められればと計画したのですが、地盤が弱かった為基礎を大きくしな
ければならなく、残念ながら生かすことが出来ませんでした。


伊藤邸竣工チェック時画像 025

中庭に面した四畳半の小さな和室です。
居心地良さそうに仕上がりました。壁がまだらにみえるのは珪藻土がまだ乾い
ていないためです。


伊藤邸竣工チェック時画像 038

洗面室です。
鏡に階段が写っています。鏡の中に照明を付ける予定ですが、業者の発注が
遅く電線のままです。半年前に器具リストを渡していたのに何をしていたのか。


伊藤邸竣工チェック時画像 016

階段を上った左が居間です。中央の作り付け家具はTV台です。その右側は
書斎コ-ナ-です。その外側にル-フデッキがあります。


伊藤邸竣工チェック時画像 012

居間より食堂、キッチンを見る完成形です。



工期が約2週間遅れ、最後に少し手直しがありましたが、ようやく完成の運びとなりました。
梅の木は残せませんでしたが母屋のご両親も施主のお二人もそれほど未練は無い様子で一安心です。
今度はお二人で気に入った木を植え楽しんで下さい。大工さん始め業者の皆さんご苦労様でした。
いつもながら工事が終わりお客様の手に鍵が渡った瞬間少し寂寥感がわいてきます。

少し生活が落ち着き、青葉がまぶしくなった頃竣工写真を撮りに行きます。
そして合コンスタイルのBQパ-ティの話しは・・・。まだ楽しみが残っていました。 


スポンサーサイト

大工さん 追い込み

伊藤邸工事画像 104

新年になり2階の居間に大黒柱となる化粧柱が立ちました。
助っ人大工のリョウちゃんの仕事、柱が後施工ですが図面通り
ほぞ差しになっているよ!と言われ、一瞬驚くがベテラン大工
ならこれくらい朝飯前と言うことでしょう。


伊藤邸工事画像 110

工期残り1月となり大工さん追い込みです。
間仕切壁、大工制家具工事も終わり
この日は床暖を敷く準備に入っていました。
次に床のフロ-リング張りです。


伊藤邸工事画像 117

大黒柱の化粧柱は梁と共に白く塗られる予定です。


伊藤邸工事画像 111

カ-テンBOX兼照明BOXです。きめの細かい仕事の連続です。
当たり前ながら一つ一つの丁寧な仕事がその家の”格”を決めます。
最後に少し変形の和室と階段が残っていますが。
カズ君、リョウちゃん、お願いしますよ。
「終わり良ければ全て良し」ですから。




上棟式

先月23日、鎌倉 I邸の上棟式がありました。
2×4工法ですから在来工法のように1日で形が現れるという劇的な日が
ありませんので、その日は様々な都合に合わせ設定されます。
寒いからサッシが入ってから、年末は何かとせわしないとか、年始はご主人
の都合が付かないので、と、とうとう完成まで後1月と10日あまりという
日となってしまいました。
 しかしとても楽しい上棟式でした。これも建て主のご夫妻、そして隣人と
なられるご両親のお人柄によるものでしょう。おいしいお酒、お料理有り難う
ございました。...楽しい会話に夢中で写真を一枚も撮っていませんでした。
申し訳ありません。
建て主のご夫婦の馴れ初め話に、お父さんは初耳と驚かれたり、竣工パ-ティは
暖かくなった春に老若男女合わせた合コンスタイルのバ-ベキュウとか、楽しい
話がほろ酔い頭の前を行き交っていました。
 残り少ない工期、ご主人の「終わり良ければ全て良し」の連呼が、帰り道私の
頭の中を駆け巡っていました。
 

雨の瑕疵担保保険検査

伊藤邸工事画像 084

今回、冷たい雨でしたが瑕疵担保の上棟検査があり。
防水の立ち上がり寸法が足りない?
図面審査の時点では問題無しだったが。
そんなことをいまさら言われても困る。
検査機関内部で協議して連絡するとのこと。
出来たばかりの法律で、様々なケ-スに規定、指導が確定してないな。


伊藤邸工事画像 083

棟梁のカズ君、膝に溜まった200ccの水を抜いて現場に復帰です。
屋根には防水紙も葺かれ少し工事の進み具合が良くなったようです。



後日検査機関から謝罪と追加の防水仕様の連絡あり。図面作成し
機関と施工会社に送付し一件落着。

上棟です

伊藤邸工事画像 072

棟梁が上がりたる木もかかり上棟です.


伊藤邸工事画像 070

2階は間仕切り壁が最小限の一室の空間です.
切り妻のゆったりとした屋根がこの空間を包む予定です.
大工の棟梁のカズ君、膝を痛め戦線離脱.そのせいか少し工事が少し遅れ気味です.
 

2階床組 完了

伊藤邸工事画像 057

平面計画が真四角でないため合成柱を斜め加工しています。
こうしないと壁と壁の接合部に隙間が出来必要な強度が出ません。


伊藤邸工事画像 064

梁が複雑にからみ合っています。
少し写真が見にくいですが。


続きを読む »

躯体木工事が進んでいます

伊藤邸工事画像 054

1階壁パネルの制作です。少し工事が遅れ気味です。


伊藤邸工事画像 056

応援の大工さん、豊田君が加わり進み具合が少し早くなりました。


伊藤邸工事画像 060

この住宅は2階床梁をたくさん入れ、在来工法のような構造形式
をとっていますので複雑な木組みのような加工がみられます。
カズくん意気に感じ丁寧な仕事をしてくれています。


伊藤邸工事画像 061

家の形が真四角でないことも工事が進まない原因であることは確かです。
苦労が多い分出来上がりが楽しみという所でしょうか。

大工さんが来ました

伊藤邸工事画像 039

土台の4×4の取り付け準備です。黒のTシャツを着た大工の熊谷カズ君の
後ろ姿が見えます。我が社の設計では3棟目ですが彼とはかれこれ20年近い
仕事仲間です。


伊藤邸工事画像 037

土台の樹種は栂材の防蟻防腐薬剤処理材です。
材の表面に見える細い線の点々は薬剤を注入する時のツメの後です。


伊藤邸工事画像 041

和室の部分は土台は2×4で同じ樹種です。
通気用基礎パッキンの上にセットしアンカ-ボルトで基礎と堅結します。

基礎完了

伊藤邸工事画像 013

基礎が完了しました。雨上がり水はけが悪いが水抜き穴を設けていなのか?


続きを読む »

鎌倉の大きな増築パ-トⅡ

P1010725.jpg

この黒い門の右奧で増築工事が進んでいます。
ご両親の敷地の一角に子世帯の独立住宅です。


伊藤邸敷地画像 004

狭い通路を通り抜けるとこような広い敷地があり、この写真は設計依頼を受けて最初に見に行った時のものです。梅の花がきれいな季節で、切らないでと訴えているかのようでした。
なるべく残したいな、と思いながら設計は進めたのですが。


伊藤邸敷地画像 005

右側の建物が母屋です。どこの部分とジョイントするかが課題です。
ご両親の生活環境をなるべく損なわない位置とのジョイントです。


伊藤邸敷地画像 007

現在、母屋の居間から見える景色です。これをカバ-出来る風景が出来るかが課題です。


伊藤邸工事画像 012

工事は大分進んでいまして先日瑕疵担保責任の基礎配筋検査をうけています。


伊藤邸工事画像 007

基礎はベタ基礎です。地盤はあまりよくなく構造計算により安全を確かめた基礎設計としています。
耐圧盤の厚みは200㎜ダブル配筋です。   

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

村田建築設計

Author:村田建築設計
茅ヶ崎・藤沢・鎌倉などの神奈川県 湘南地域を拠点に、自然素材を多く用いた木造住宅を主に手がけている設計事務所です。詳しくはリンク先から本家HPをご覧下さい。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。