a construction site

村田建築設計の仕事と現場

2010-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWEN SOLAR HOUSE

 SWEN SOLAR HOUSEとは
私が16年前この会社を立ち上げた時どんな家創りを目指すのか、その方向性を探った時のコンセプトを表現するのに用いた名称です。当時より最近の物造りはどう変化、進化してきたのか、自戒を込めて見つめ直して見ようと先日古いパンフレットに目を通し改めてこの名称の由来を思い起こしていた次第です。まずはそのパンフレットの一節から。

 SWEN SOLAR HOUSEの目指す住宅、建築は我々と次代をつなぐ重要なメッセイジ、資産(資源)と考えています。住宅及び建築を通し、サスティナブル・ソサエティ(持続可能な社会)の環境を見つめ直そうと考えています。
SWENはNEWSの反対綴りです。私たちは現代社会が捨ててきた先人の知恵、建築の歴史から多くを学びとり、現在に生かし、未来につなげようと考えています。決して”新しい物”ばかりでは建物は語れませんよ、という皮肉も加わっています。NEWSを東西南北の頭文字の集まりと仮定しますと、SWENはSUN、WIND、EARTH、NATUR,の頭文字の集まりと考えて下さい。この4つの言葉が私たちの物造りに対するこだわりのキィワ-ドです。
 無尽蔵な太陽エネルギ-を取り入れ、止むことのない風を起こし、地球上のあらゆる生命体(動、植物)、物質とのバランスのとれた、そして自然と共に生活出来る家を目的としています。

 少し抽象的な文章ですが、更にペ-ジを開くと、”自然と対話出来る家”、”皮膚感覚の仕上げ材”、”太陽と風をデザインする”、自由な発想、自由なデザイン”と4つの項目に分けて物造りの具体的説明へとつながっています。今では良く耳にする持続可能な社会を目指す物造りなど目的が明確に語られ、エネルギ-の源である太陽、火、風の存在を数値化して取り入れ、人間の体でいえば血管にあたる暖気、冷気の道筋を視覚化しようとする姿勢が表れています。
 
 その後アクティブソ-ラ-部分は費用が高い割には効果が薄く、金のかかる省エネには納得いかないこともあり、導入は控え、パッシブソ-ラ-の考えだけ踏襲した設計に現在はなっています。これは間違ってはいなかったと思っています。ただ目的意識がすこし薄くなっていたかも知れません。軌道修正を少しかけようと思います。
 
 今後求められることはこの高断熱パッシブソ-ラ-ハウスの熱分布を、省エネ等級も含め数値化してより明確にすることだと思います。またこれに安価な自然エネルギ-源を加えシミレ-ションすることです。血管を認識する設計です。更に最近少しよくなった太陽光発電、風力発電、太陽熱給湯器等の組み合わせたものも考えています。
 
 初一念、より進化したSWEN SOLAR HOUSEに取り組みます。
 
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

村田建築設計

Author:村田建築設計
茅ヶ崎・藤沢・鎌倉などの神奈川県 湘南地域を拠点に、自然素材を多く用いた木造住宅を主に手がけている設計事務所です。詳しくはリンク先から本家HPをご覧下さい。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。