FC2ブログ

a construction site

村田建築設計の仕事と現場

2012-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

型枠が外れ基礎コンクリ-トが現れました

平成24年8月20日   晴れ

武藤邸工事画像 015

コンクリ-ト打設より2週間、型枠が外れコンクリ-ト面が現れました。
一部にコ-ルドジョイントが出ている以外きれいに打ち上がっていますから
まずは一安心です。

武藤邸工事画像 005

武藤邸工事画像 007

コ-ルドジョイント部分です。

武藤邸工事画像 012

武藤邸工事画像 014

コンクリ-トは連続で一発で打つと話し合っていたが夏場の暑い日に何かの
不手際で2~3時間空いてしまったのだろう。土の中に入る箇所で浸水が懸念
されるのでシ-リングと防水を徹底するように指示を出す。

コンクリ-ト工事は駐車場部分の擁壁等を残すだけです。
その後、土の埋め戻しを行い、上棟です。
 
スポンサーサイト

コンクリ-ト打設前

8月3日 晴れ

基礎コンクリ-ト型枠が完成。次はコンクリ-ト打設。
その前にアンカ-ボルト、ホ-ルダン金物の位置確認です。


武藤邸工事画像 004

武藤邸工事画像 002

土台継ぎ手部分がプレカット業者によって変更されている。それを重点にチェック。
現場監督が的確に指示していてくれれば問題無いのだが。
指示が行き届かなかった所、多々見つかる。


武藤邸工事画像 003


アンカ-ボルトのはすべて是正され、いよいよ明日コンクリ-ト打設です。

今日テレビ東京の「完成ドリ-ムハウス」のディレクタ-さんが現場に来られ
少し設計のいきさつなど質問されました。カメラマンの方は現場で仕事がある時は
毎日電車で通ってきてカメラを廻しています。この暑さの中ほんとうにご苦労さんです。

1月になるのですが毎日ガケの昇り降り、暑さの中のなかでの撮影で3㎏痩せたそうです。

基礎壁、梁の鉄筋組立がほぼ完了

7月27日 晴れ
基礎の壁、梁の配筋状況の確認です。                                   

武藤邸工事配筋004

道路より、メインフロア部分の基礎配筋状況です。


武藤邸工事画像 002

武藤邸工事画像 001

少しづつ形が出来てきました。
今回、壁、梁幅を全て200㎜、一番太い鉄筋で13㎜としたことで配筋が細かく
なったこともあり、職人さんは足場が悪い上に細かい作業が続き大変だ と
言いつつも仕事は丁寧できれいに納めてくれています。

次は型枠工事とアンカ-ボルト設置です。

土質確認

武藤邸模型 001

これは基礎の模型写真です。
ひな壇型の基礎を造っていきます。
手前のダウンフロアの部分はスラブを打つような模型になって
いますが、実際はコストを押えるため上部のアッパ-フロア-のような基礎梁形式で造ります。

今日の根伐りは手前側最下部の基礎部分です。


武藤邸工事画像 004

7月3日
生憎の雨、梅雨ですから致し方ありません。
雑草が取り除かれ地面が露わにになっています。
建物の位置を表す地縄が張られています。
いよいよ重機の搬入、斜面を慎重におりてきます。


武藤邸工事画像 005

今日は基礎が載る地盤の地層の確認です。
予めボ-リングと称し敷地の地層を約10Mの深さまで調査し
その土質による地耐力を考慮した構造計算で基礎の設計がされていますから
想定の深度に想定の土質が出るか重要な確認です。

重機は一番下部の基礎部分を掘ろうとしています。                             


武藤邸工事画像 006

根切り底が表れました。
茶褐色に見えるのが通称関東ロ-ム層と言われるものと判断出来ます。
ここは想定の土質を確認出来ました。

構造計算を依頼した構造デザインの山領氏もほぼ納得です。


武藤邸工事画像 007

上の画像は下から2段めの基礎が載る地盤です。
ここは深度が浅く黒ボクが出ていますが、地耐力5tの想定内です。

下部模型写真の下から2段目の基礎部分です。

武藤邸模型 001

傾斜地での設計の要は基礎です。
通常の平坦な土地で、木造2階建ての基礎価格は総工事費の5%前後です。
傾斜地は土地の価格は安いのですが基礎が割高になります。工事費の20%以上になります。
今回の総額工事費も厳しく、又この割合を低くおさえなければなりません。

そこで考えたのが傾斜方向に対して直角方向に布基礎を造り傾斜方向は梁でつなぐという方式です。
こうすることで土の掘る、移動させる量、コンクリ-トの量を大幅に少なくすることが出来ました。
工事費の15%位で収まっています。ただこれは地盤が良かったことも原因しています。

工事はこれから基礎ベ-スの配筋、コンクリ-ト打設と続きます。

敷地からの遠景

武藤邸敷地写真 023

道路より敷地東側の景色です。
遠くにかすかに海が見えるのですが写真では 確認は出来ません。
右側に見える大きな木は欅です。シンボルツリ-になることは確かですが
大きすぎます。

               

武藤邸敷地写真 024

                         
敷地を最初に見に行った時です。
南隣家の方が出て来られて夏期の風向き
台風時の風の向き等を尋ねたところ親切に
教えてくれました。
以外にも台風の南方面の風は林がありそれほど
強く無く、正面の東からの風も強くないことを知りました                        
隣家のテラスに招かれお茶をごちそうになりながら少し
高い位置の景色も確認出来、本当に助かりました。

写真左に写っている住宅は偶然にも私が以前に勤めていた                         
会社の施工です。                          
                                      

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

村田建築設計

Author:村田建築設計
茅ヶ崎・藤沢・鎌倉などの神奈川県 湘南地域を拠点に、自然素材を多く用いた木造住宅を主に手がけている設計事務所です。詳しくはリンク先から本家HPをご覧下さい。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。