FC2ブログ

a construction site

村田建築設計の仕事と現場

2013-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく完成です

4月18日、ようやく竣工写真が撮れました

着工から約8ヶ月になります。先月よりMさん一家は新居での生活を始めております。
TV東京の撮影、取材も終わり、一段落したところでようやく当方への撮影許可がおりました。

武藤邸竣工写真 045

武藤邸竣工写真 050
西側道路面よりの全景写真です

武藤邸竣工写真 005
東側望遠レンズで捉えた遠景です。

武藤邸竣工写真 033
居間より内部階段をみています
当初設計段階では段板はタモの修正材、それを支える部材は米栂材の予定でしたが
今回全て米杉材に変更して作られています。
写真左、2階の床が張り出している下の天井部分も白の塗装仕上げを変更。
米杉板裏張りの方が150㎜角の米杉柱、梁材になじむと判断。
少々価格があがりますがMさんと相談、変更。大正解です。

武藤邸竣工写真 075
段板は厚さ50㎜の米杉をすべり止めも兼ね「うづくり」加工の特注品です。
米杉は柔らかくキズが付きやすい材ですから床材等には向いていません。
私もMさんも最後まで迷いましたが、段板だけは硬質ウレタンフォ-ム半艶塗装をし、
材料を供給する林友ハウス工業の加工アイデアの提案もあり変更することに決定。
実にきれいに納まっていました。
裸足とのフィット感は最高でした。

武藤邸竣工写真 040

Mさんが最初に事務所に訪れた時はまだ0歳、生まれたばかりのキィちゃんが
元気に駆け回っていました。

武藤邸竣工写真 069
居間より欅の木の方向を見ています。
外部デッキも欅の方向に延びているのですが、写真ではちょっと見にくいです。

武藤邸竣工写真 085
キッチンカウンタ-よりダイニング、右が居間、左がデッキ方向です。
ダイニングの天井よりサッシの方が高くなっています。高さ2700㎜あります
居間からの景色が天井面で切られるの避け、まだ上への広がりがあるかのように見せるためです

武藤邸竣工写真 010
洗面、お風呂場です。天井、壁材は米杉です。ここはビニ-ルシ-トを下地に
プレナ-面を表にして張っています。

武藤邸竣工写真 100
隣家からの南側の外観です。

Mさんから朝日のあたる頃の室内が言い尽くせないほど良いこと、
居間のソファに座って見える欅の木の存在感、住み易さ使い安さに感謝されました。


M家の皆さん新居での生活を末永く楽しんで下さい。

以上で南足柄のM邸は終了します。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

村田建築設計

Author:村田建築設計
茅ヶ崎・藤沢・鎌倉などの神奈川県 湘南地域を拠点に、自然素材を多く用いた木造住宅を主に手がけている設計事務所です。詳しくはリンク先から本家HPをご覧下さい。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。