FC2ブログ

a construction site

村田建築設計の仕事と現場

2013-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大梁架けです


中村邸現場 画像 081
2階のパネルも立ち上がり少しずつ形が出来てきています。

今日は大梁の組み上げです。

中村邸現場 画像 067

梁材はLVL、単板積層材と称し合板を厚くし梁材にしたものです。
高強度で知られています。今回小屋梁スパン5.0m、5.5m×2、3本使います。
形状は4×12(89×286)、4×14(89×336)重さは各々約80Kg位でしょうか。

中村邸現場 画像 066
等級は140E特級です。枠組み壁工法のスパン表上は最上級です。
木造でトラス等の架構を除けば私の設計上過去最大のスパンです。

中村邸現場 画像 068
第一の大梁架けが始まります。
大工の田中氏、パ-トナ-で彼のかつての弟子の葉山君二人と今日は担ぎ手二人の応援を得ての作業です。
田中は5人もいるから楽に上がると喜々とした声上げる。俺も人数に含まれているのか。

中村邸現場 画像 069
両端に分かれ少しずつ上げていきます。
予め開けてあるかべの穴に差し込んでいきます。

中村邸現場 画像 070
まず第一スパン5mの大梁架けが完了です。

中村邸現場 画像 071
中村邸現場 画像 072
中村邸現場 画像 073
次に大梁に直行する2本の合わせ梁です。

中村邸現場 画像 079
無事大梁3本組み上がりました。
時間も30分たらずで終わり心配したほどではなかったと思ったが、田中はトラックから2階の床に上げるのが「たいへんだった」と御茶を飲みながらつぶやいていた。
私はそれは見ていない。いずれにしても御苦労さんでした。






スポンサーサイト

大工工事始まる

大工工事が始まっています。
N邸は前面道路が狭く敷地に空地も無いので工法は2×4です。

中村邸現場 画像 058
私も2×4工法は久しぶりです。だんだん判ってくると思いますがこの家の形は2×4工法の方が作り易く
空間も表現し易いからです。
私は基本プランを考えている時に工法も同時に決定しています。


中村邸現場 画像 056
大工は田中です。私と同じ歳で、彼とは30年来の仕事仲間です。数多くの住宅を建ててきました。
東北訛りの話し方でよくわからないと言いながらも、どの施主の方も最後は彼の大ファンになります。
不思議な男です。仕事の腕は私がもっとも信頼している大工の一人です。

今回2階の床レベルを通常の住宅より30cmほど高くしているのが彼の身長と比較すると判ると思います。
これは南側の隣地に将来3階建てが建っても日あたりを確保するための方策の一つです。
田中からは持っていた脚立では間に合わなく今日長いものを買ってきたらしく、「えらい出費だった」と
文句を言われましたが。


中村邸現場 画像 055
上の写真は西側の景色です。予想通り線路向こうの緑の丘陵が見えています。
この住宅で唯一緑を楽しめる方向です。2階の居間、更に少し高い位置のテラスからはもっと良いながめと
なるはずです。

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

村田建築設計

Author:村田建築設計
茅ヶ崎・藤沢・鎌倉などの神奈川県 湘南地域を拠点に、自然素材を多く用いた木造住宅を主に手がけている設計事務所です。詳しくはリンク先から本家HPをご覧下さい。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。