FC2ブログ

a construction site

村田建築設計の仕事と現場

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクリ-ト打ちと再測量

今日は基礎型枠も完成しコンクリ-ト打ちです。

中村邸現場 画像 050

中村邸現場 画像 047
小雨降る中、コンクリ-ト打ちが始まりました。

そんな中私がお願いした再測量です。市の指定測量士さん、役所の担当者、そして施主のNさんにも立会いをお願いしましたので例の塀の前に集合です。

これが隣家の大谷石塀の側面です。    中村邸現場 画像 046

中村邸現場 画像 052

地境いにはN邸側に新規のアルミフェンスが設けられています。中央のこげ茶色のものです。道路と反対側の境界杭はフェンスの下部CBの基礎部分外側、隣地側にあります。
糸を張って頂いたところ、大谷石塀、奥のCB塀が夫々N邸側に傾いて作られていることが判明。
施主のNさんも初めて知る内容です。
役所のやることに間違いは無いとは思ってはいましたが、再測量を求めたのは当方が口頭で説明するよりは一見にしかずで、Nさん、隣家の方に確認してもらうのが目的でした。残念ながら隣家の方には立ち会ってもらえませんでしたが。
払い下げが可能になるには壊してもらうしかないが、役所内で協議している別案は塀が出ている部分を除いて払い下げを受けることが可能かとのことです。
払い下げの金額は微々たるものです。その金額よりはこれから永年使用価値の無い道路部分の固定資産税を払い続けていくことにNさんは悩んでいます。
  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://muratasekkei.blog75.fc2.com/tb.php/114-cafa005a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

村田建築設計

Author:村田建築設計
茅ヶ崎・藤沢・鎌倉などの神奈川県 湘南地域を拠点に、自然素材を多く用いた木造住宅を主に手がけている設計事務所です。詳しくはリンク先から本家HPをご覧下さい。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。